This slideshow requires JavaScript.

Rosa MENKMAN (Nederland)

ローサ メンクマン(オランダ)
メディアアート/Media Art

– 略歴 –
1983年、オランダ生まれ。アナログおよびデジタルメディアにおける事故的に生じるグリッチやエンコード、フィードバックの際のノイズアーチファクト*に焦点を当て、アーティスト、キュレーター、リサーチャーとして活動する。それらのアーチファクトは曖昧な解像度の標準化に重要な洞察をもたらすと考えている。リサーチを通して、夢想的でなく、失われたあるいはまだ見ぬ、補正されるには惜しい解像度を発見しようと試みる。

*アーチファクト:不可逆圧縮(圧縮前のデータと、圧縮・展開を経たデータとが完全には一致しないデータ圧縮方式)によって起こされるメディア(映像・画像・音声など)の歪み。

– Biography –
Born in 1983 in the Netherlands. Rosa Menkman is an artist, curator and researcher whose work focuses on noise artifacts that result from accidents in both analogue and digital media (such as glitch, encoding and feedback artifacts). These artifacts can facilitate an important insight into the otherwise obscure alchemy of standardization via resolutions. In her research, Menkman intends to uncover the interests of anti-utopic, lost and unseen or simply “too good to be implemented” resolutions.

アーティストホームページ/Artist’s website
https://beyondresolution.info/

支援/Support
平成30年度文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業
Project to Support Emerging Media Arts Creators, 2018