I was inspired by the mysterious forms of organs and cells. The unsettling shapes are rational. It invokes that there might be another world inside the body.

Organs are incessantly in motion, and cells are splitting. They might be making sounds too. Certainly they are inside, however, we are not aware of them. They become alive only when we are conscious of them.

I aim to express the mysteriousness of their complicated and chimeric existence.

人体の臓器や細胞の神秘的な形に魅せられた。その、時にぞっするような形は恐ろしいほど合理的だ。人間の体内にはもう一つの別なる世界があるように感じられる。

常に臓器は伸縮したり細胞は分裂したりしている。そしてもしかしたら微小な細胞も体内で音をたてている。それは自分の中にいつもあるはずなのに気づかない。身体を意識した時ようやくその存在に気がつく。

目を留めるとはじめて気がつく複雑で奇怪な存在の不思議を表現した。

岩本 吉隆

1983年、徳島県生まれ。京都精華大学立体造形学科卒業。筑波大学大学院人間総合科学研究科彫塑領域修了。2010年よりロータリークラブ国際親善奨学生として、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ大学院美術学部に在籍。2011年、同大学院修了。在学中、ロンドン芸術大学にてセシル・ルイス彫刻奨学金を受賞。2012年、韓国国立現代美術館チャンドン・アート・スタジオ・レジデンス・プログラムに参加し作品を発表。

http://yoshiiwamoto.com

Yoshitaka Iwamoto graduated from Kyoto Seika University in 2007 and completed his MA degree at the University of Tsukuba in 2009, majoring in sculpture. He also completed MA Fine Art at Central Saint Martins, University of the Arts, London sponsored by Rotary Club. During the MA, he won the Cecil Lewis Sculpture Scholarship. He participated in the residency program in the National Museum of Contemporary Art, South Korea in 2012.

He has worked with glass and acrylic materials and is currently living and working in Tokushima, Japan.