『SAKOKU 鎖国』

A Lasting Observance

開催期間2018/9/28 ~ 2018/10/14 3pm ~ 11pm

ARTnSHELTER(東京都品川区東大井1-19-10)は2018年9月28日から2018年10月14日までオーストラリアからのペインター、アル・キャストロによる展示会『SAKOKU 鎖国』を開催します。

 

9月28日の夜7時からはレセプションパーティーが開催され、アル・キャストロによるライブペインティングと音楽イベントが楽しめます。

 

『SAKOKU 鎖国』展で展示される大きなキャンパスに描かれた油画は、作家が感じる日本を集めたポートレート展です。日常生活の一瞬を切り取り描かれたそのポートレートの数々は、他国の文化から政治的にも物理的にも離れた島国日本の、独自の文化と発展を表現しています。

 

伝統と発展が組み合わさった絶妙な組み合わせは、油絵という伝統的な技法を使い現代をテーマにする彼にとって非常に関連性が高く、鎖国文化が与えた影響を今回の展示で描いています。

 

【作家紹介】

オーストラリア出身のペインター、アル・キャストロは幼少期にグラフィティーアーティストとして作家としてのベースを構築したのちにイタリア、フィレンツェのロシアンアカデミーオブアートでペイントを学びました。彼の描くその世界は人とその人が生きる空間との関係性を主題に、その場にある感情、また社会的な人と空間の関係性を写し出します。

 

人間の行動を見て考察された彼の作品は非常に詩的且つ感情的な画風になっています。

 

インスタグラム: @castro_studios

[Artist Statment]

Born in Melbourne, 1993, Al Castro specialises in large scale oil portraits of the human form. He studied fine art at the Russian Academy of Art in Florence, yet retains influence from an interest in graffiti from a young age. Al is informed by his interest in the individual subject in their environment: the interactions between the self and the surrounding social and emotional world. Empathetic and curious, his work is an astute exploration of human behaviour.

Instagram: @castro_studios

[Discription]

Presenting large-scale oil portraits of human condition, this exhibition considers how a ‘closed’ political and psychological isolation can insight development and in turn sustain.

Parallels are reflected within everyday practice and self, living in harmony despite expanding ideologies.

The artist finds this topic to be intuitively relatable in his own personal growth and artistic development.

Live Painting on opening night.

Featuring DJs:

Matt Sab

Wakame

Matteo