Category Name

ARTnSHELTER 海外アートフェアレポート#1

By Kohei Kanomata
September 16, 2017
Category: Art

106,500,000米ドル、もはやゼロが多すぎて理解が難しいがこれは2010年にクリスティーズオークションハウスによって売られたパブロ・ピカソによって描かれた『ヌード、観葉植物と胸像』という作品である。その値段は日本円にして100億円以上である。芸術作品を売る場というのは上記に挙げたようなオークションだけにとどまらずギャラリーに所蔵しての実店舗販売、オンラインギャラリーによるネット通販のようなものから、実際に作家のアトリエに訪れて直接作品を購入するなど多岐に渡る。今回はその中でも最も多くの人、作品、そして金額が動く場、アートフェアについて東京を拠点と... Continue reading

“The Others” a parallel exhibition of Artissima in Torino Italy.

では出展する側はどうなのであろう。

 

基本的にArt Baselほどの大規模なアートフェアになると大きな会場の中にギャラリーごとの 出展ブースがあり、一個人の作家が展示、販売をしていることは殆ど無い。ここで言うギャラリーとは作品の販売仲介業者である。有名なギャラリーになるとお抱えの作品は名だたるものばかりで、それこそ最初に挙げたような何億、何十億といった価格帯の作品を扱っている。もしアートフェアに出展したいのであれば、まずは自分の作品を権限のあるギャラリーで扱ってもらうのが一番効率の良い方法になる。権限のあるギャラリーというのも、良い作家を、良い価格で、良い場所に売ることのできるギャラリーでなければ、大きなフェアに出展するチャンスが無いからである。そもそも大きなフェアはギャラリーとしての出店料におおよそ300万円かかる、一つのブースと言っても大小あるが、40平米位が平均的なサイズである。その中でどのように作品を並べるかは色々あるにせよ、精々飾れて10作品ぐらいであろう。展示場がどこであれ輸送費はかかってくるが、またその展示会が国外であれば輸送費は馬鹿になら無い。高価な美術品となれば特別な輸送業者を使って普通の10倍もの料金を払いさらに保険にもかける。その他会場の人件費やら広告費やら、、、。大金を払って作品を売るのだから、ギャラリーも本当に売れる、もしくは売りたいと思う作品だけを扱う事になる。

 

そうなってくると学生上がりの若手はよほど天才的な才能と、宝くじに当たるような巡り合わせでそのようなギャラリーの御眼鏡にかない、扱ってもらうしか大きな見本市に出るチャンスは無くなる。

 

では結局アートの世界は ごく少数の権限者によって回されている排他的な環境なのだろうか?

 

先にも述べたように、アートフェアは大規模なものだけに留まらず中規模、小規模なものが開催されている。言って仕舞えば、美大などで行われている芸術祭も立派なアートフェアである。さらに、そういった小中規模のアートフェアは競争を強いられるため、常に独自性と創造性を持って他のフェアとの違いを出し、ある種、血の気が多い若手のギャラリストやイベント運営陣、作家が集まる面白い空間になっている。また、そのような規模感のフェアは作品を売ってやろうというより、育てていこう、一緒に盛り上げていこうという雰囲気もあるのが特徴でもある。

 

ARTnSHELTERは今年Art Baselの展示期間中に別の小規模展であるCamp Baselに参加してきた。本展のArt Baselが行なわれている期間中という事もあり街全体でアートフェアと捉えられる事が多く、そういった場に参加できた事を非常に嬉しく思う。またそこで出会った人々は確実な資産となり、次のステップへとつながっている。

 

そういった人との会話、ともに頑張って活動していこうという同業者が今年は11月にトリノで行われるArtissimaへアプローチするチャンスをくれた。当然ながら当社の経費では300万円も払ってブースを確保できない。となる他のギャラリーとの共同出展になる。聞こえはいいが、要は居候みたいなものだ。もちろん本展ではなくパラレル展。だからこそやれる事、挑戦できる事が多くある。

 

主体となるギャラリーの会場費は2000ユーロ、出展料は作家一人につき400ユーロでもちろんその上に輸送費、渡航費、宿泊費諸々のしかかってくる。概算で出すと日本から作家を持って行き展示を行うと3050万円は最低でもかかってくる。そして売れた作品は50パーセントが向こうのギャラリーの取り分となるわけだからこちらとしては最低でも一作品1500~2000ユーロで売りたい。しかし、同じ会場の他のギャラリーから比較して、自分だけべらぼうに価格を上げるわけにはいかない。1000ユーロを超えると売れないからやめてほしいとも言われた。ただ、これが中規模アートフェアの面白いところ、自分を開催前からしっかり売り込む事が出来れば、ただの居候から共同主催者に立ち位置が上がる。結果出展料は作家数に関係なく400ユーロ、向こうの取り分を30パーセントまで抑える事ができた。その代わり、現地ではしっかり働かなければならない。当然である。 共同主催者という事で、会場のコンセプトから告知活動、アーテイストのマネージメントまで一緒に行う事になる。しかし、これも大きなチャンス。今度は少しずつ自分の色を入れる事ができる。そうすると、その展示を見に来た人からまた自分の頑張り次第で次のステップを与えられる。つまり、もう少し大きな金額での勝負ができる場に行ける。そのような小さなステップの積み重ねが最初に掲げた馬鹿高い金額のカラクリでもある。

 

やり続けなければ結果が出ない世界であり、逆にいうと続ければ結果の出る世界になっている。

 

来年度はマドリードのARCO、リオンのMirage Festival、香港アートバゼルと大きな競争に揉まれながら当人は輸送費を浮かせる為に「なるべくスーツケースに入る大きさでお願いします。」と、作家にお願いしながら世界を回るのである。


リンク

Art Basel: https://www.artbasel.com

CampBasel: http://www.campbasel.com

Artissima: http://www.artissima.it/site/

The Others: http://www.theothersfair.com/en/

ARCO: http://www.ifema.es/arcomadrid_06/

Hybrid Art Fair: http://www.hybridartfair.com/en/

Tags: Art fair The others Torino Artissima
What-is-Art-Fair.jpg

MUTANTS by wimp

By Kohei Kanomata
September 07, 2017
Category: Event

Symbols, Elements, Heredity, Transform and Deprivation

 

On View 2017 9/23 (Sat)- 10/8 (sun) 15:00-23:00

Admission free

 

Related events:

Continue reading

2017 9/23 (Sat)- 10/8 (sun) 15:00-23:00

作家紹介

 

1992年生まれ

多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報デザインコース卒業

東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻在学中

16回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト(2017/ガーディアンガーデン)

キャラクターを通して、視覚情報と認知の研究を行う

ウェブサイト: http://wimp423.org

   

Artist Statement:

 

Born in 1992.

Graduated from Information Design Course, Department of Information Design, Tama Art University. 

currently underway of M.A in Inter Media Art course in Tokyo University of the Arts.

16th “1_WALL” Graphics finalist(2017/guardian garden/Tokyo) 

Creates images using the existence and representation methods of characters.

Website: http://wimp423.org


展示会場情報

場所: 東京都品川区東大井1-19-10 ARTnSHELTER

電話番号: 03-3765-2288

Web: www.artnshelter.com

代表:鹿又亘平


Tags: Art Wimp ARTnSHELTER Exhibition
exhibitionmainimage_1.jpg

Dai Murata Photo exhibition '' Pura Vida''

By Kohei Kanomata
September 03, 2017
Category: Art

Dai Murata Photo exhibition '' Pura Vida''
I traveled South America for 1 year to take pictures as a backpacker.
I stayed in Mexico, Cuba, Guatemala, Honduras, N... Continue reading

2017 9/16 (Sat)- 9/24 (sun) 13:00-20:00 at Gallery 201

Information about Gallery 201


Address: 140-0001 東京都品川区北品川6-2-10 Gallery 201

Tel: 03-3473-5222


2017 9/16 (Sat)- 9/24 (sun) 13:00-20:00 at Gallery 201


20776638_10154821992270869_2552423705184307565_o.jpg

Pumps_Noguchi

By Kohei Kanomata
August 30, 2017
Category: Product

A pair of shoes, designed by Masahara Futoyu, manufactured by German Suplex Airlines


German Suplex Airlines is a collaboration project of original brand of the shoe maker "TO PARLEY" and artist unit "GERMAN SUPLEX AIRLINES".


Price ¥17,280 ~

Size: From 20.5cm ~<... Continue reading

New product available at ARTnSHELTER and online store.
Tags: Shoes Artist collaboration
21222462_1453327274703656_1605816049_o.jpg

Kukai, Satoshi Hoshi, and Masaharu Futoyu; Dougyou-san-nin

By Kohei Kanomata
August 29, 2017
Category: Event

「空海と星智と太湯雅晴で同行三人」


On View 2017 9/1 (fri)- 9/17 (sun) 15:00-23:00

Admission free

 

Related events:

The painter Hoshi performs live painting during August 14th  to Septe... Continue reading

2017 9/1 (fri)- 9/17 (sun) 15:00-23:00

     We are pleased to announce that we are having a show “Dogyo-san-nin” by Satoshi Hoshi and Masaharu Futoyu.

     They are showing each works based on their pilgrimage journey in Shikoku. Sometimes they interact each other both in a good or bad way, and that evokes their work richer. Hoshi is a Berlin based painting artist, and Futoyu is a Japan based *****

What do you think the common question over the journey of pilgrimage that the two artists with two different approaches reached? Please experience the journey they have had, and feel the question through this exhibition.

   

Satoshi Hoshi

is a Berlin based painter whose work is made

Solo show:

Group show:
Self-curated show:

   

Masaharu Futoyu

******

 

Donation requests

We are asking donation for this exhibition until August 31st.

Artists Hoshi and Futoyu provide a reward for backers.

Please check the link below.

 

We much appreciate your support!

main-image_1.jpg

Soften ceramics

By Kohei Kanomata
August 24, 2017
Category: Product

Nozomi Nishino is a Japanese ceramic artist. She makes ceramics that has a smoothness of clay before it’s firing. the results are fabulously silky, and it reminds us organic objects from the ocean.


|略歴|

西野希

1990年生まれ

東京造形大学卒業

多治見市陶磁器意匠研究所修了

現在 岐阜県にて作陶

... Continue reading
A Japanese pottery, who had an inspiration from organic shapes.
Tags: Artist Product
11705190_868620276553178_4492265987901824877_n.jpg

Futa Kera's Media Art

By Kohei Kanomata
August 24, 2017
Category: Artist
Continue reading
Media art which is shaped by letters
Tags: Artist
sc1.jpg

CampBasel 2017

By Kohei Kanomata
June 23, 2017
Category: Art

ARTnSHELTER was invited to the biggest art fair in Basel, Switzerland, called Art Basel.

Kohei Kanomata and Futa Kera were exhibiting their media art at CampBasel.

Our task is to make connections between creators and to collaborate with other galleries.

We had also a panel talk... Continue reading

Report from Art Basel 2017
Tags: Exhibition Report
image5.jpg

Scrutiny

By Kohei Kanomata
April 08, 2017
Category: Event

I was inspired by the mysterious forms of organs and cells. The unsettling shapes are rational. It invokes that there might be another world inside t... Continue reading

Yoshitaka Iwamoto Solo Exhibition from  8th April - 17th April

岩本 吉隆

1983年、徳島県生まれ。京都精華大学立体造形学科卒業。筑波大学大学院人間総合科学研究科彫塑領域修了。2010年よりロータリークラブ国際親善奨学生として、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ大学院美術学部に在籍。2011年、同大学院修了。在学中、ロンドン芸術大学にてセシル・ルイス彫刻奨学金を受賞。2012年、韓国国立現代美術館チャンドン・アート・スタジオ・レジデンス・プログラムに参加し作品を発表。

http://yoshiiwamoto.com

Yoshitaka Iwamoto graduated from Kyoto Seika University in 2007 and completed his MA degree at the University of Tsukuba in 2009, majoring in sculpture. He also completed MA Fine Art at Central Saint Martins, University of the Arts, London sponsored by Rotary Club. During the MA, he won the Cecil Lewis Sculpture Scholarship. He participated in the residency program in the National Museum of Contemporary Art, South Korea in 2012.

He has worked with glass and acrylic materials and is currently living and working in Tokushima, Japan. 

Tags: Exhibition Artist
Poster-web.jpg

Art Market at ARTnSHELTER

By Kohei Kanomata
March 27, 2017
Category: Event

The first Art Market at ARTnSHELTER is held from 27th of Feb to 6th of Mar, under the concept of 'West meets East'. ARTnSHELTER is a perfect place to have an international art market, because it has a hostel, cafe, and gallery space. One drink tickets are required to enter the gallery. We are the... Continue reading

West meets East, 1st Art Market at ARTnSHELTER is held from 27th of Feb.

Place: ARTnSHELTER

Address: 1-19-10 Higashioi Shinagawa Tokyo Japan

Date: 27th Feb - 6th Mar

Opening Hours: 3pm to 11: 30pm

One drink ticket: 650 JPY

Tags: Artfair Exhibition
web-image.jpg

ART SPACE

ACCOMMODATION

DESIGN LAB

NEWS

ABOUT US

JP

EN

ARTnSHELTER 1-19-10 Higashioi Shinagawa Tokyo Japan

Copyright (C) 2015 Analog Design Lab LLC.  All Rights Reserved.

Follow us

Login